縁結びの橋が怖い・松島「五大堂」

五大堂

日本三景の1つである景勝地・松島の景観上重要な建物であり、
本州海岸に近い小島に建つ。伝承によれば大同2年(807年)、
坂上田村麻呂が奥州遠征の際に、毘沙門堂を建立したのが始まりとされる。

その後、円仁(慈覚大師)が延福寺(瑞巌寺の前身)を創建した際に仏堂を建立し、
大聖不動明王を中央に東方降三世明王、西方大威徳明王、南方軍荼利明王、
北方金剛夜叉明王の五大明王像を安置したことにより、五大堂と呼ばれるようになった。
現在の堂は、慶長9年(1604年)、伊達政宗が瑞巌寺の再興に先立って再建した。
東北地方最古の桃山建築と言われている。
現在、国の重要文化財に指定されている。

この五大堂にかかる橋。
縁結びの橋 「透かし橋」と呼ばれるのですが、この橋非常に怖いのです。

続きを読む