仙台七夕まつり

絶賛開催中の「仙台七夕まつり」ですが、
伊達政宗の時代から続く伝統行事だということを初めて知りました。。

お恥ずかしい。。

参考までに公式HPからの抜粋を。

「開催概要」

仙台七夕は、古くは藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれ、
今日では日本古来の星祭りの優雅さと飾りの豪華絢爛さを併せ持つお祭りとして全国に名を馳せております。

七夕まつりは本来、旧暦7月7日の行事として全国各地に広まっていました。
仙台七夕まつりでは、その季節感に合わせるため、旧暦に1ヵ月を足した暦である中暦を用い、
現在の8月6日から8日に開催されています。

期間中は、仙台市内中心部および周辺商店街をはじめ、
街中が色鮮やかな七夕飾りで埋め尽くされ、
毎年200万人を超える多くの観光客にお越しいただいております。

そんなに歴史のあるお祭りだとは知りませんでした。
皆さん知っていましたか?以外と知らない方も多いんじゃないですか?
私だけですか?多分そうですね。。

そもそも七夕まつりはざっくり説明しますと、
旧暦の7月7日に秋の豊作を祈り、
禊をして心身を清め、それから祖霊を祭るお盆の行事に入る、
というような感じで農耕文化とともに始まったそうなんです。
更なる詳細はこちらのページへ

自分の住んでいる土地のことって知っているようで以外と
知らないことが多いんだなーと感じました。

ちなみに今年はまだ七夕まつり行っていません。
5年くらい行っていません。人ごみは苦手です。。
ってことを言ってないで七夕飾りを見るだけでも行ってみようと思います。
あれは毎年手作りされていて本当にきれいだと思います。一度作ってみたいです。

そんな仙台七夕まつり、明日は最終日です。
一年に一度の仙台を代表するお祭りです。
毎年同じに見えますが、いろんな人の努力が集まって開催されているお祭りです。

私のようにまだ行かれていない方、ぜひ行きましょう。
人ごみと戦いましょう。いざ出陣。

出典:仙台七夕まつり公式HP
http://www.sendaitanabata.com