ハイキュー!!

というバレーボールアニメ(原作は漫画)があるのですが、
宮城県の高校が舞台だそうで。ちょっと紹介します。

あらすじ
宮城県立烏野高校排球部のエースであった「小さな巨人」に憧れ、バレーボールを始めた小柄な少年・日向翔陽は、類稀なる運動神経とバネを持っていたが、中学のバレー部には自分以外の部員がいなかった。中学3年、やっとのことでメンバーを集めて出場した最初で最後の公式戦で、日向は「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄に惨敗してしまう。影山にリベンジをするべく、憧れの烏野高校排球部に入部した日向。しかし烏野の体育館には、その影山の姿があった。初めは反発し合っていた二人だが、それぞれの持ち味を生かしたトスを見ないクイック攻撃、通称・変人速攻を編み出し、独りでは見ることの出来ない「頂の景色」を見るため、個性豊かな烏野高校の仲間達と共に全国大会を目指していく。

Wikipediaより

そもそもなぜ宮城県が舞台になっているかというと、
作者の古舘春一先生が仙台デザイン専門学校の出身だからだそうです。

主人公が通う「烏野高校(からすのこうこう)」とその周辺は、
作者の地元岩手県の風景をモデルにして描かれています。
また、登場する高校などは基本的に架空の名前が使われていますが、
実在の高校をモデルにしている高校も登場しています。
予想でしかないのですが、そういう目線で見るのもなかなか面白いです。
  
また仙台駅や大会会場である仙台市体育館など、実在の地名・建物も登場しています。

そんなアニメ「ハイキュー!!」のイベントが仙台にて絶賛開催中です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ハイキュー!!ウィークin仙台」
8月24日まで仙台駅西口エリアで「アニメ ハイキュー!!展」やスペシャルトークイベント、パネルラリーが開催されます。

「アニメ ハイキュー!!」展は仙台駅前イービーンズにて開催され、屋上特設会場では場面写パネルや等身大パネル、そして聖地・仙台市体育館で実際に使用しているバレーボールネットを展示して烏野高校排球部の部室を再現します。4階特設会場ではアニメ原画やユニフォーム、制作中サンプルグッズが展示されます。

また、仙台駅前イービーンズ屋上特設会場で8月23日に「烏野高校排球部後援会 激励会」スペシャルトークイベントを開催。日向翔陽役の村瀬歩さん、影山飛雄役の石川界人さんが登壇し、アニメ制作秘話やここでしか聞けないキャスト裏話など公開する予定となっています。

仙台市内11カ所でパネルラリーも同時開催し、烏野高校排球部メンバーの等身大パネル展示が行われるほか、対象店舗で買い物をすると「特製バッグチャーム」がもらえます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トークイベントへの参加方法ですが、仙台駅前イービーンズ4Fハイキュー!!特設ショップにて4,000円以上の購入者に先着でイベント入場整理券配るそうです。
2,500円以上購入者対象のスペシャルノベルティは、イベント入場整理券を希望の方には配っていないそうなのでご注意を。
ですが、6,500円以上の購入者はイベント入場整理券、スペシャルノベルティ両方もらえるそうです。
戦略が見え見えです。でも買ってしまうのが私です。

元々バレーは全然分からないし興味もありませんでしたが、
見始めるとほんとに面白いんです。宮城に関連があるということもありますが、
キャラクター1人1人が面白くて魅力的だと思います。
いま個人的にいちばんオススメのアニメです。ぜひ見てみてください^^

出典:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140818-00000015-it_nlab-cul
ハイキュー!!公式HP
http://www.j-haikyu.com/anime/hqweek/index.html