仙台のキッザニア的?な施設

こんな施設をご存知でしょうか。

仙台子ども体験プラザ Elem(エリム)

仙台駅前の複合ビル「アエル」(仙台市青葉区中央1)8階に8月19日、
仙台市内の小中学生を対象にした体験型学習施設
「仙台子ども体験プラザ Elem(エリム)」がオープンした。

カタール国が2012年に設立した東日本大震災の被災地復興支援プロジェクト
「カタールフレンド基金」の助成により整備された同施設。
仙台市教育局学校教育部・学びの連携推進室が運営し、県内外の22企業が協力する。

延床面積925.254平方メートルの施設内に、市役所・病院・証券会社・銀行・新聞社・運輸業・飲食店など、
協賛企業などの店舗や事業所を模したブースからなる「街」を再現。
小学校5・6年生を対象とした「スチューデントシティ」と中学生を対象とした「ファイナンスパーク」で構成する。

「スチューデントシティ」では店舗や事業所で働く体験や消費者としての活動を通して、
社会と自分との関わり、経済の仕組み、お金・仕事とは何かなどを学ぶ。

「ファイナンスパーク」では家族構成や収入など与えられた条件の中で、
さまざまな商品やサービスの購入・契約などを体験し、情報を適切に活用する力や生活設計能力などを育成する。
学校での事前・事後学習を含み、全授業時間は12~15時間となる。


仙台子ども体験プラザ – Elem(エリム)
仙台市内の小中学生が仕事体験をしたり経済の仕組みを学んだりする施設です。

協賛企業は
アイリスオーヤマ、セコム、河北新報、ヤマト運輸、七十七銀行、ローソン

などなど結構幅広い業種があります。

一見キッザニアと同じような施設なのでは?と思いましたが
こちらのElem(エリム)は、市内の小中学生が学校の授業でのみで使用され、
一般開放は行っていないんだそうです。
ほんとに社会を「勉強」するための施設という事ですね。

とても面白そうだし、早いうちからお金の使い方や経済の仕組みを
知れるのは将来的に役立ちそうです。
なにより面白そうです。私も行ってみたかった。

ですが早いうちから世の中の現実を知ってしまって
夢を持たない子どもになってしまうのでは?とも思います。
夢を持つ事イコール良いとも言えませんが。

教育って難しいですね。

出典:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140820-00000078-minkei-l04