おしゃれ番長・伊達政宗

以前このブログで、「伊達○○○」は伊達政宗が由来であることをご紹介しましたが、
本日は、そんな伊達政宗が愛用したおしゃれアイテムをご紹介します。

これは、伊達政宗が愛用していた陣羽織です。

羅背板(らせいた)という薄い毛織物で作られ、紫の地に大小の赤・青・緑・黄・白の五色の円形模様を散らした陣羽織。この模様は地を円形に切り抜き、そこに色を変えた円形模様をはめこむ切嵌(きりばめ)という技法で表している。円の輪郭は紐でくくっている。背には大きく伊達家の家紋である竹雀紋(たけにすずめもん)を金糸で刺繍する。斬新なデザインと配色の美しさが際立つ陣羽織である。なお現在は水玉模様の陣羽織として知られるが、明治時代の伊達家の宝物目録には、「紫地羅背板五色乱星」の名で記されており、水玉ではなく星とされていた。また伊達政宗所用と伝えられるが、製作年代が政宗の時代より下がる可能性も指摘されている。伊達家寄贈文化財。

紫の地に大小の赤・青・緑・黄・白の五色の水玉模様を散らした斬新なデザインが特徴です。
こんなデザイン性の高いアイテムをさらりと着る伊達政宗。
さすがは、「伊達男」ですね。